同じ連盟・協会なのに、結婚相談所の料金が違うのはなぜ?

結婚相談所 比較

結婚相談所の種類の中で、数としては一番多いのが「仲人型結婚相談所」です。(仲人型結婚相談所について詳しくはコチラでご説明しています)
多くの仲人型結婚相談所は、結婚相談所を束ねる「連盟・協会」に加盟しています。

仲人型結婚相談所について調べていくと、「結婚相談所AとBは同じ連盟に入っているのに、なぜ料金が違うんだ?」という疑問が浮かぶことがあります。
これはなぜなのでしょうか?

料金の違いが生まれる根本的な理由とは?

結婚相談所 比較

こちらの記事でも詳しくご紹介させていただいていますが、「連盟・協会」と結婚相談所は、本部とフランチャイザーという関係ではありません。

これがもし本部とフランチャイザーの関係なら、本部が決めた一律の料金がすべての結婚相談所に適用されるはずです。
例えば同じコンビニチェーンであれば、同じおにぎりはどこで買っても同じ値段になるのと一緒です。

ですが「連盟・協会」と結婚相談所はこういった関係ではなく、あくまで会員データベースを提供することが前提となった契約関係ということになります。

「連盟・協会」本部は料金についてのガイドラインは定めているものの、具体的な料金は各結婚相談所の裁量に任せる形になっています。
このため、同じ連盟なのに料金が違うということが起こります。

一方、大手のデータベース型結婚相談所は本部と支店という関係になるので、料金体系や金額は統一したものになります。

仲人型結婚相談所の料金は何で決まるのか?

結婚相談所 比較

仲人型結婚相談所の料金体系や金額は、その結婚相談所のポリシーや懐事情によって変わります。

お見合い費が安い、または無料にしている結婚相談所は、「最初のきっかけととなるお見合いを気軽にしてほしい」というポリシーの所が多いです。
お見合い費が高いと、金額が気になって気軽に申し込みができなくなり、成婚に至る確率が下がるためです。
ただし成婚費は他よりも高い、といったこともあります。

また月会費が高い場合、サポートに絶対的な自信を持っている場合が多くなります。
お見合いの前後のフォローや、服装や髪形のチェック、モチベーションが下がった場合のサポートなど、あらゆる場面で強力なサポートが期待できるでしょう。
交際経験があまりなく、婚活に自信が無いという人にはオススメと言えます。

メディアに出たり本を書いていたりする、いわゆる“カリスマアドバイザー”のいる結婚相談所の場合は一種のブランドになっていることが多く、金額がやや高くなるといったパターンもあり得ます。

このように料金の差と言うのは、各結婚相談所の裁量で大きく変わります。
こうなると一律的に価格比較することは現実的ではありません。

どのくらいの成婚実績があるのか、どの程度のサポートをしてくれるのかや、自分が求めるサービス内容と照らし合わせながら、自分に合う結婚相談所探しを慎重にしていくことが大切です。

「結婚相談所 比較・検討の基礎知識」記事一覧

マリエン | 結婚相談所の比較をキチンと TOP