結婚相談所にかかる料金・必要書類をすべて解説します

結婚相談所 比較

結婚相談所への入会を検討する際、料金はとても気になるところです。
また婚活アプリなどと違って、入会時に必要な書類も多岐に渡ります。
今回は結婚相談所の料金や入会に必要な書類について、解説をしていきたいと思います。

結婚相談所にかかる料金にはどんなものがある?

結婚相談所 比較

結婚相談所によって多少呼び方が違う場合もありますが、おおむねどの結婚相談所においても発生するのは以下のような料金です。

入会金

結婚相談所が入会手続きに要する手間に対する費用。プロフィールの作成サポートやデータベースへの登録作業などが含まれます。
1万円~5万円程度

写真撮影費

これは結婚相談所が写真スタジオと提携してオプションとして提供する場合と、結婚相談所とは関係のないスタジオで撮る場合があります。
結婚相談所の活動において写真はかなり重要なので、入会の際はぜひ専用の写真を撮ることをおススメします。
ちなみに最近は屋外で撮影するのが主流です。
3万円~5万円程度。

月会費

日々の活動に要する費用。
会員データベースの利用やアドバイザーからのサポートなどが含まれます。
1万~2万円程度。

お見合い費

お見合いが成立した場合にかかる費用です。お見合いの申し込みをしたもののお相手から断られた場合には、発生しません。
1件あたり3,000円~5,000円程度。
またこれとは別に、お見合いの際の喫茶代がかかります。お見合いはホテルのラウンジなどで行われることが多いので、二人分で3,000円程度になります。前近代的ではありますが、これは男性側の負担になります。

成婚費

交際を始めた二人が相手と結婚する意志を固め、結婚相談所を退会する際にかかる費用です。
結婚する意志の元で退会した場合であって、結婚式を挙げた・籍を入れたかどうかは関係ありません。

お見合いパーティー費用

結婚相談所主催で、会員どうしのマッチングを目的に開かれるパーティーがあります。一般的に行われている婚活パーティーとは異なり、参加者全員が正式な手続きを踏んで結婚相談所に入会していますので、既婚者が混じるといったことがなく安心です。
その分料金は高めで、男女とも10,000円程度になることがあります。

クーリングオフ

他の商品やサービスと同様に、結婚相談所もクーリングオフが適用され、8日以内に申し出れば入会時に支払った費用が返金されます。
ただし、どの段階から8日間なのかはあいまいな部分があります。入会申込書を書いた日なのか、入金した日なのかについては事前に確認しておくことをおススメます。

結婚相談所入会時に必要な書類とは?

結婚相談所 比較

入会時に結婚相談所が何よりも重視するのは、「入会する人が結婚相談所への入会基準を満たしているか」「本当に本人か」という部分です。
そのため本人を証明する各種の書類を提出することが必要になります。

独身証明書

その人が戸籍上たしかに独身で、結婚するにあたって問題がないことを証明する公的な書類です。住民票のある住所の市区町村窓口で発行してもらえます。通常は3か月以内に発行されたものが求められます。

戸籍謄本

独身証明書の代わりに、戸籍謄本(抄本)の提出でも問題が無い場合もあります。

住民票

たしかにその住所に居住しているという事を証明するのに必要です。

本人確認書類

運転免許証やパスポートなど

卒業証明書

大学などをたしかに卒業していることを証明するため、卒業証書のコピーなどが必要になります。
プロフィールにキチンと最終学歴を記載するためです。

収入証明書

前年分の源泉徴収票や、給与が振り込まれる銀行口座通帳のコピーを求められます。
プロフィールに記載する年収が間違いないかを確認するためです。
場合によってはその会社に在職していることを証明するため、社員証などが必要になることもあります。

結婚相談所の入会にあたっては、揃えなければならない書類がたくさんあり、仕事をしながらこれらを集めるとなると意外と時間がかかります。
クーリングオフの期日もありますので、まず面談の段階で必要書類を確認し、揃ったところで入会手続きをする方が安心です。

「結婚相談所 比較・検討の基礎知識」記事一覧

マリエン | 結婚相談所の比較をキチンと TOP